精油・アロマPerfumerhouseの調香師のコラムです。
香りに関する情報、お得なセール情報などを発信します!
ラベンダーの季節

精油・アロマPerfumerhouseです。

 



梅雨も明け、いよいよ夏の到来です。
アロマの世界で夏といえば・・・


〇ひんやり系の精油
 ミント系(ペパーミント、スペアミント、アルベンシスミントなど)
 ユーカリなど

〇虫よけ対策に使う精油
 シトロネラ、ユーカリレモン、クローブ、ティーツリーなど
 →より詳しくはこちら

〇抗菌・消臭系の精油
 ヒノキ、シトラス系、ユーカリなど



などが、定番ですが、

7月~8月に咲く、最も人気の高い精油、
ラベンダー!!
ラベンダー
※写真は昨年の北海道です


なぜ、ラベンダーが世界的に最も人気が高いのでしょうか?

少し考察すると、
・香りに好き嫌いが少ない
・写真が綺麗で雰囲気が良い
・虫よけや安眠など、用途が広い

など、いいことづくめですが、一番の理由は下記に尽きる気がします。

花の精油なのに価格が安い・・・。



値段の問題?と考える方も多いかもしれませんが、
ローズがラベンダーと同じ値段だったら、ローズを買う人が多い気もします・・・。

他の花の精油も軒並み高い中、ラベンダーはコスト面でも優等生です。


生産者側からも優等生で、
大量に作りやすく、栽培にも収穫にも手がかからず、といいことづくめ。
他の花は手で一つ一つ摘むため、非常に手がかかりますが、
ラベンダーは花穂をそのまま抽出しています。




植物の特性上、生産できる場所もローズほど限られていないため、
育てやすいのも特徴です。


育てやすいといっても、やはり産地ごとに良し悪しや、好き嫌いは出るもので。
フランス、ブルガリア、オーストラリア、ハンガリー、日本、イギリス、ロシア等。

酢酸リナリル(リナリルアセテート)という成分の含有量のの高さが、
ラベンダーの香りの一つの指標になりますが、
寒すぎる地域だと、量が少なく、
高度が低い地域だと、蒸留時に酢酸リナリルの量が少なくなる傾向があります。

その中でも、フランスプロヴァンス地方のラベンダーが不動の一番人気であるのは、
気候と、蒸留の条件がマッチしていることが影響しているようです。


フランスプロヴァンス産ラベンダー

期間限定でお得
 


 

にほんブログ村  

0
    | 調香師のコラム | comments(0) | - |
    ホワイトフローラル

    精油・アロマPerfumerhouseです。

     



    ホワイトフローラルって、言ってみれば、白い花のことで、
    女性的で繊細かつ、上品な香りを持った花が多いです。

     

     

    例えば、くちなし(ガーデニア)。
    くちなし

    昔は、精油も作られていましたが、現在は商業的には流通していません。
    ちょうど今からの時期ですね。
    かなり強い香りをもっています。


    クチナシに香りが近い香りをもっているのが、月下香と呼ばれるチュベローズ。
    chubero-zu

    こちらは、栽培されて精油が採られています。
    →チュベローズ


    その他、下記もホワイトフローラルです。

    ジャスミン ジャスミンサンバック ネロリ ローズアルバ
    ジャスミン ジャスミンサンバック ネロリ ローズアルバ



     

    にほんブログ村  

    0
      | スタッフの小部屋 | comments(0) | - |
      なぜ香りを感じるのか?

      精油・アロマPerfumerhouseです。


      ホームページ復旧しています。
      お店のホームページ https://perfumerhouse.com/



      さて、人間の鼻はどのように香りを感じているか?
      実はわかってきたのは結構最近の出来事であり、あまりわかっていませんでした。


      今回は、そもそも、なぜ香りを感じるのか?
      という壮大なテーマで書きたいと思います。
      あくまでも、私のこれまでの経験や諸先生方の意見をまとめたものなので、
      これが絶対に正しい説、というわけではありませんので、ご了承ください。




      基本は、
      身体に必要なもの ⇒良い香り
      身体に害なもの  ⇒嫌な香り

      嗅覚は必要なものと害があるものを判別するための機能であり、
      生きるために進化の過程で得た能力!
      と考えられます。

      嗅覚だけでなく、味覚などほかの感覚も同様です。


      その中でも、嗅覚は非常に重要で、
      口に入れる前に毒を判別できる、素晴らしい能力です。


      毒というと、かなり身体に悪いものを想像してしまいますが、
      カビや腐敗などがわかりやすいでしょうか。

      おいしいものって、結構高濃度の香りでないと判別できないのですが、
      カビや腐敗の香りって、かなり微量であっても人間の鼻は判別できます。

      例えば、下記の濃度で感じます。(個人差あり)

      エタノール   0.5ppm
      カビのにおい  10ppt  
      ※正確にはカビ自体に香りはなく、カビが原因で出来る香り。


      ppmは、100万分の1なので、
      空気中にエタノールが100万分の0.5の濃度以上の場合に、
      香りを感じる、ということになります。
      pptは、1兆分の1です。

      つまり、エタノールとカビの香り(トリクロロアニソール)を比べると、
      カビの香りは、エタノールの5万分の1で香りを感じる、ということになります。
      (計算合ってます・・・?)


      人間は危機を察知する能力が、凄いです。


      ところで、花の香りって、なんで良く感じるのでしょうか??
      諸説あるようですが、

      花は虫を呼んで子孫を残すために、あの香りを作っています。
      それが人間にもたまたま良い香りに感じるのではないか、と言われています。

      ただ、成分としては、果物に含まれている成分ともかぶっているので、
      良い香りと感じてもおかしくはないですね。


      精油と虫


      人間が嗅覚を感じているのは、嗅覚受容体です。
      受容体の種類は約300~400あることが、最近わかってきました。

      受容体の種類によって、特定の成分を感じたり、感じなかったり。
      受容体は、強弱のあるスイッチのようなものと考えてください。

      一度に300のスイッチが頭の中へ情報としてインプットされます!
      その大量の情報を1つの情報になり、1つの香りと感じます。

      その1つの情報に統合されて、〇〇の香りと感じる部分が、
      どのように行われているのかは、全く分かっていません。

      人間の能力ってすごいですね。



      ダマスクローズの花から採った、ワックス
      ローズワックス


       

      にほんブログ村  

      0
        | - | comments(0) | - |
        春の香りのミニリードディフューザー

        アロマオイル・精油Perfumerhouse

        スタッフのマルですぺこり

         

         

        待ちに待った春がやってまいりましたさくら

        春のイメージの精油と言えば、トンカビーンズ♪

        よく桜の葉の香りとか、カラメルのような香りと表現されていますよね。

         

        そんなトンカビーンズを使って、春の香りのミニリードディフューザーを作ってみました。

        使用しているのは、百均の瓶と竹串です。

         

         

        **春の香りのミニリードディフューザー**


        【材料】
        無水エタノール・・・大さじ2.5程度(約40ml弱)
        精油(マンダリンイエロー)・・・46滴

        精油(イランイランエキストラ)・・・4滴

        精油(トンカビーンズ)・・・10滴

         

        【道具】
        計量カップまたはビーカー(注ぎ口のあるもの)
        計量スプーン

        ハサミ

        口の狭くなっている小さい瓶(写真の瓶は高さが7.5cmです)

        竹串

         

        【作り方】

        ●前準備●

        瓶は中を綺麗に洗ってしっかりと乾かしておきましょう。

        (汚れていたり、乾いていないと濁りの原因になります。)

         

        竹串は尖っているほうをハサミでカットしますはさみ

        (力を使うのでけがをしないように気を付けてくださいね)

        計量カップに分量の精油と無水エタノールを入れ、よく混ぜます。

        瓶に移し替えて竹串を差し、完成♪

        おうちにあるリボンを結んだりしても一段と可愛くなりますハート

        お部屋に春がやってきたー花

        ぜひお試しくださいねにっこり

         

        キラキラ期間限定キラキラ

        調香師が精油だけで作った贅沢なフレグランス『サクラ』も販売しております。

        商品はこちら

         

         

        にほんブログ村  

        JUGEMテーマ:アロマテラピー

        0
          | スタッフの小部屋 | comments(0) | - |
          香りイベント&プロの香りのリセット方法

          アロマオイル・精油Perfumerhouseです。


          現在、開催されている香りイベント2つに行ってきました。

          一部を調香師の視点から紹介したいと思います。

          ※合成香料で再現したものが多かったので、理解した上で行ってください。

          リンクがあるところは、当店で販売している天然の精油です。
          本物の香りを試してみたい方は是非。
           


           

          (1)におい展

          池袋パルコ 2018年2月25日まで

          http://nioiten.jp/

           

          写真OKでした。

          生活の中の臭い香り、レアな香料の香りなどを嗅ぐことができます。

          香りに興味のない人に、興味を持ってもらうようなイベントです。
          カップルや友人同士で楽しむようなイベントです。

           

           

          <足の香り>
          足の香り
          ディスプレイが凝ってます。

          足の香りは、吉草酸系の化合物です。
          アロマだと、安眠の香りと言われているバレリアンルート
          食べ物だと、納豆の香りに含まれている成分です。

          足の香りで安眠・・・・使い方次第です。

          ※下の展示会でバレリアンのマスキング方法が紹介されていました。


          <くさや、臭豆腐、シュールストレミング>
          くさやの香り臭豆腐の香りシュールストレミングの香り

          よく、テレビの罰ゲームでも出てくる食べ物。
          特に、シュールストレミングは、最も危険な食べ物として有名です。

          臭いのでブースの中でさらに箱に入っていますが、
          それでも、パルコの展示会の外にも臭いが漏れていました。
          後で、臭いが残らないとよいのですが・・・。

          発酵食品はその過程で多くの香りの成分が作られます。
          それがおいしさにつながっているのですが、日本人には強すぎると感じるかもしれませんが、
          食べ物の中にこういった強烈な成分が微量存在していると、おいしさにつながります。


          <動物性香料>
          動物性香料
          左から、ムスク、アンバーグリスカストリウムシベット

           

          動物系香料については、過去にブログに書きましたので、参考にしてください。


          ムスク、カストリウム、シベットは濃厚だと糞のような香りですが、
          かなり薄めることで、官能的な香りを出すことができます。

          ムスクは現在ワシントン条約で輸入が出来ないため、本物はほぼ手に入りませんが、
          薬の「宇津救命丸」に”麝香”として入っています。
          在庫を大切に使っているようですが、いずれは飲めなくなる日も来るかもしれません。

          いずれも、非常に高価で手に入らなくなっているため、
          合成香料で香りを再現する研究が、ここ100年でかなり進みました。


          <香りのリセット>

          香りのリセット方法として、コーヒーが紹介されていました。
          でも、実際に調香師でコーヒーを使っている人はあまりいないかもしれません。

          一番多く聞くのが、
          自らの洋服(正確には作業着)の香りをかぐことです。

          二の腕当たりの香りを嗅いでいる姿を目撃します。
          コーヒー豆を常に準備するのが面倒なだけかもしれませんが・・・。


          <その他>
          フェロモン、加齢臭、花の香り、精油の香りなどを楽しむことができます。

           

           



          (2)匂わずにはいられない! 〜奥深き嗅覚の世界〜

          日本科学未来館 2018年5月21日まで

          http://www.miraikan.jst.go.jp/info/1712061622260.html

          科学未来館のコーナーの一つなので、展示自体はかなり小さいです。

          こちらは東大の先生が企画しているので、もう少し学術的な内容です。
           
          <イソ吉相酸>
          におい展にもあった、靴下などの足の香りです。
          このにおいを嗅ぐと、ストレスを感じる、というデータが示されています。
          つまり、バレリアンで安眠というのと矛盾したデータですが、
          こちらは唾液の成分を分析しているので、信頼性は高いと思います。
           
          しかし、イソ吉草酸ににバニリンを加えると・・・
          チョコレートのような香りになります。
          ※バニリンはバニラの主成分です。

          一度、バレリアンとバニラを組み合わせてみてはいかがでしょうか。
           

           

          <コーラ>

          レモン+ライム+シナモン でコーラの香りを再現しています。

          実際のコーラはもっと複雑ですが、この3つだけでもなんちゃってコーラになります。
           

           

          当店でもコーラの精油ブレンドを扱っていますので、興味のある方は是非。
           

           

          <アロマホイール>

          ワイン、日本酒、醤油のアロマホイールが展示されています。

          香りの表現方法の勉強に参考にしてみてはいかがでしょうか。

          ※アロマホイールの画像は、検索で探すことができます。
           

           

          <その他>

          赤ちゃん、古書、土の香り等

          ちゃっかり、香りの嗅ぎ比べをさせられて、データ収集されました・・・。

           



          香りというものに、一般の皆さんが興味をもって、香り産業がもっと発展するとよいですね。

           

          今回展示であった、下記動物精油を期間限定で割引しますので、

          興味のある方は是非試してください!
           

           

          アンバーグリス シベット カストリウム

             アンバーグリス          シベット           カストリウム

           



          にほんブログ村  

          0
            | 調香師のコラム | comments(0) | - |
            calendar
            S M T W T F S
            1234567
            891011121314
            15161718192021
            22232425262728
            293031    
            << July 2018 >>
            selected entries
            recent comments
            categories
            archives
            profile
            Search this site.
            others
            mobile
            qrcode
            Page Top