精油・アロマPerfumerhouseの調香師のコラムです。
香りに関する情報、お得なセール情報などを発信します!
 >  秋の香り
秋の香り

精油・アロマPerfumerhouseです。


毎朝寒くなってきました。
関東ではちょうど紅葉が始まったので、前回に引き続き行ってきました。


昭和記念公園

銀杏並木や日本庭園が楽しめますが、一周するのに2時間ぐらい歩く、とにかく広い公園です。
広い割にとても管理が行き届いています。さすが国営です。

11月10日の段階では、まだ本格的な紅葉には1週間程度早い印象でしたが、

こんな景色や


こんな景色


こんな景色を楽しむことができます。



銀杏並木、とても綺麗ですね。
しかし、皆様ご存知の通り、綺麗だから上を向いて歩いていると、
罠が仕掛けられています。



ご存知銀杏。

銀杏並木が200m程度続いているのですが、10回以上踏んでしまったでしょうか。
見た目は良いですが、香りがあの独特の銀杏の香り。

銀杏の香りって発酵したような、不快なにおいがします。

あの香りの主要成分は、
ブチリックアシッドやヘプテノイックアシッドと呼ばれる酸です。

ブチリックアシッドは酪酸とも呼ばれます。
この”酪”という字は、酪農から来ていると思われますが、
牛乳や肉などにも入っている成分です。

濃度が低いとコクになりますが、強すぎるとこういう香りになってしまいます。
もっとも、銀杏の場合は皮にこの成分が多く含まれているため、
中身を食べるときは大丈夫ですね。


昭和記念公園には、ミニハーブ園もあります。
ここが、ミニの割には管理状況がしっかりと行き届いていたので、
秋のこの時期でも香りを楽しむことができました。
(管理のボランティアの皆様、ありがとうございます。)



マートルの木です。
葉を触ると、わずかに精油の香りがします。



上ジンジャー、下はカルダモン。
いずれもショウガ科の植物ですが、精油は根から採るため、
こちらは見るだけになります。


フルーツセージ
フルーツセージと呼ばれるセージの一種です。
残念ながら精油は取られていませんが、
柑橘を思わせる、フルーティーな香りを持っています。



こちらは、パイナップルセージ。
本当にパイナップルのような香りがしますが、こちらも残念ながら精油はありません。




レモンバーム、メリッサです。
レモングラスに似た香りをもっています。

しかし、レモングラスよりも上品で、レモンティーのような香りがします。
残念ながら季節が違うため最高の香りではなかったです。
春から夏にかけての香りを一度試していただきたいです。
精油は良い季節に採油しているため、それに近い香りがあります。


その他、ミント系、ゼラニウム系は沢山あり、楽しめます。
また、花は咲いていなかったですが、ヘリオトロープやハニーサックルなどもありました。
いずれも、昔は精油が採られていましたが、今は存在していないようです。
ヘリオトロープの香りも記憶に残る素晴らしい香りなので、
花が咲く時期にまた行きたいと思います。

実はこの後、比較的近くにある、東京都薬用植物園にも行ったのですが、
こちらは季節があっていなかったので、
また季節を変えて報告できたらと思います。

 

ハーブ園に行くときには、タイムに注意してください。
香りが強く手に残るため、試すのであれば利き手ではない方で。

 


 

にほんブログ村  

0
    | 調香師のコラム | comments(0) | - |
    植物園で香りを楽しむ

    精油・アロマPerfumerhouseです。

    ようやく暑い夏も過ぎましたね。

    少し涼しくなってきたので、植物園に行ってきました。


    板橋区立熱帯環境植物館
    https://www.seibu-la.co.jp/nettaikan/

    植物園って維持が大変だと思いますが、公営だと管理がしっかりしています。
    入館料も260円で、ミニ水族館もあり、結構楽しめました。

    香りが強い植物はタイミングや日本の気候に合わないものも多く、
    温室だと、様々なものを楽しむことができます。


    バニラ
    入ってすぐにある、バニラ。
    時期が合えば、開花やバニラのさやがたわわになっているのが楽しめるようです。

    実際のバニラは、さやをキュアリングという工程を経て、あの甘い香りになるため、
    木になっているバニラは残念ながら、あの甘い香りを楽しむことはできません。


    サンダルウッド
    ビャクダン=サンダルウッド。
    といっても、苗木です。
    いつの日か、あの高貴で深い香りを楽しめるかもしれません。
    30年ぐらい待ちましょう。


    シナモン
    シナモンです。
    種類が多いので、精油が採油されている種類かはわかりません。


    ゲットウ
    月桃。
    温室で季節に開花するかはわかりませんが、
    つぼみが桃のような形をしていることから、月桃と名前が付けられました。


    コブミカン
    コブミカン。
    当店でも少し前まで、カフィアライムという名前で、販売していました。
    東南アジアなどで、スパイスとして使われています。
    香りは、柑橘+シトロネラというイメージです。


    シルクジャスミン
    ジャスミンの一種で、シルクジャスミンという花です。
    香りはしっかりと、ジャスミン系の濃厚な香りでした。


    イランイラン
    イランイランです。
    残念ながら、枯れかけていたので、香りは弱かったですが、
    もともと香りが強い花なので、香りを少しだけ楽しむことができました。



    そのほか、プルメリア、ビンロウジュ、クローブ、ウコン、コショウなども
    楽しむことが出来ます。


    ハナキリン
    香りは無かったですが、ハナキリンという花びらが2つしかついていない、
    珍しい小さな花です。


    この後、近くにある赤塚植物園というところにも行きました。
    http://www.city.itabashi.tokyo.jp/c_kurashi/065/065807.html


    彼岸花
    こちらは、普通の屋外で通常の植物園です。
    珍しい白い曼珠沙華を見つけました。

    今年は虫が少なかったとはいえ、屋外では蚊に刺されてしまいました。

    屋外の場合は、虫対策はばっちりとしていってください!

     


     

    にほんブログ村  

    0
      | 調香師のコラム | comments(0) | - |
      ラベンダーの季節

      精油・アロマPerfumerhouseです。

       



      梅雨も明け、いよいよ夏の到来です。
      アロマの世界で夏といえば・・・


      〇ひんやり系の精油
       ミント系(ペパーミント、スペアミント、アルベンシスミントなど)
       ユーカリなど

      〇虫よけ対策に使う精油
       シトロネラ、ユーカリレモン、クローブ、ティーツリーなど
       →より詳しくはこちら

      〇抗菌・消臭系の精油
       ヒノキ、シトラス系、ユーカリなど



      などが、定番ですが、

      7月~8月に咲く、最も人気の高い精油、
      ラベンダー!!
      ラベンダー
      ※写真は昨年の北海道です


      なぜ、ラベンダーが世界的に最も人気が高いのでしょうか?

      少し考察すると、
      ・香りに好き嫌いが少ない
      ・写真が綺麗で雰囲気が良い
      ・虫よけや安眠など、用途が広い

      など、いいことづくめですが、一番の理由は下記に尽きる気がします。

      花の精油なのに価格が安い・・・。



      値段の問題?と考える方も多いかもしれませんが、
      ローズがラベンダーと同じ値段だったら、ローズを買う人が多い気もします・・・。

      他の花の精油も軒並み高い中、ラベンダーはコスト面でも優等生です。


      生産者側からも優等生で、
      大量に作りやすく、栽培にも収穫にも手がかからず、といいことづくめ。
      他の花は手で一つ一つ摘むため、非常に手がかかりますが、
      ラベンダーは花穂をそのまま抽出しています。




      植物の特性上、生産できる場所もローズほど限られていないため、
      育てやすいのも特徴です。


      育てやすいといっても、やはり産地ごとに良し悪しや、好き嫌いは出るもので。
      フランス、ブルガリア、オーストラリア、ハンガリー、日本、イギリス、ロシア等。

      酢酸リナリル(リナリルアセテート)という成分の含有量のの高さが、
      ラベンダーの香りの一つの指標になりますが、
      寒すぎる地域だと、量が少なく、
      高度が低い地域だと、蒸留時に酢酸リナリルの量が少なくなる傾向があります。

      その中でも、フランスプロヴァンス地方のラベンダーが不動の一番人気であるのは、
      気候と、蒸留の条件がマッチしていることが影響しているようです。


      フランスプロヴァンス産ラベンダー

       


       

      にほんブログ村  

      0
        | 調香師のコラム | comments(0) | - |
        香りイベント&プロの香りのリセット方法

        アロマオイル・精油Perfumerhouseです。


        現在、開催されている香りイベント2つに行ってきました。

        一部を調香師の視点から紹介したいと思います。

        ※合成香料で再現したものが多かったので、理解した上で行ってください。

        リンクがあるところは、当店で販売している天然の精油です。
        本物の香りを試してみたい方は是非。
         


         

        (1)におい展

        池袋パルコ 2018年2月25日まで

        http://nioiten.jp/

         

        写真OKでした。

        生活の中の臭い香り、レアな香料の香りなどを嗅ぐことができます。

        香りに興味のない人に、興味を持ってもらうようなイベントです。
        カップルや友人同士で楽しむようなイベントです。

         

         

        <足の香り>
        足の香り
        ディスプレイが凝ってます。

        足の香りは、吉草酸系の化合物です。
        アロマだと、安眠の香りと言われているバレリアンルート
        食べ物だと、納豆の香りに含まれている成分です。

        足の香りで安眠・・・・使い方次第です。

        ※下の展示会でバレリアンのマスキング方法が紹介されていました。


        <くさや、臭豆腐、シュールストレミング>
        くさやの香り臭豆腐の香りシュールストレミングの香り

        よく、テレビの罰ゲームでも出てくる食べ物。
        特に、シュールストレミングは、最も危険な食べ物として有名です。

        臭いのでブースの中でさらに箱に入っていますが、
        それでも、パルコの展示会の外にも臭いが漏れていました。
        後で、臭いが残らないとよいのですが・・・。

        発酵食品はその過程で多くの香りの成分が作られます。
        それがおいしさにつながっているのですが、日本人には強すぎると感じるかもしれませんが、
        食べ物の中にこういった強烈な成分が微量存在していると、おいしさにつながります。


        <動物性香料>
        動物性香料
        左から、ムスク、アンバーグリスカストリウムシベット

         

        動物系香料については、過去にブログに書きましたので、参考にしてください。


        ムスク、カストリウム、シベットは濃厚だと糞のような香りですが、
        かなり薄めることで、官能的な香りを出すことができます。

        ムスクは現在ワシントン条約で輸入が出来ないため、本物はほぼ手に入りませんが、
        薬の「宇津救命丸」に”麝香”として入っています。
        在庫を大切に使っているようですが、いずれは飲めなくなる日も来るかもしれません。

        いずれも、非常に高価で手に入らなくなっているため、
        合成香料で香りを再現する研究が、ここ100年でかなり進みました。


        <香りのリセット>

        香りのリセット方法として、コーヒーが紹介されていました。
        でも、実際に調香師でコーヒーを使っている人はあまりいないかもしれません。

        一番多く聞くのが、
        自らの洋服(正確には作業着)の香りをかぐことです。

        二の腕当たりの香りを嗅いでいる姿を目撃します。
        コーヒー豆を常に準備するのが面倒なだけかもしれませんが・・・。


        <その他>
        フェロモン、加齢臭、花の香り、精油の香りなどを楽しむことができます。

         

         



        (2)匂わずにはいられない! 〜奥深き嗅覚の世界〜

        日本科学未来館 2018年5月21日まで

        http://www.miraikan.jst.go.jp/info/1712061622260.html

        科学未来館のコーナーの一つなので、展示自体はかなり小さいです。

        こちらは東大の先生が企画しているので、もう少し学術的な内容です。
         
        <イソ吉相酸>
        におい展にもあった、靴下などの足の香りです。
        このにおいを嗅ぐと、ストレスを感じる、というデータが示されています。
        つまり、バレリアンで安眠というのと矛盾したデータですが、
        こちらは唾液の成分を分析しているので、信頼性は高いと思います。
         
        しかし、イソ吉草酸ににバニリンを加えると・・・
        チョコレートのような香りになります。
        ※バニリンはバニラの主成分です。

        一度、バレリアンとバニラを組み合わせてみてはいかがでしょうか。
         

         

        <コーラ>

        レモン+ライム+シナモン でコーラの香りを再現しています。

        実際のコーラはもっと複雑ですが、この3つだけでもなんちゃってコーラになります。
         

         

        当店でもコーラの精油ブレンドを扱っていますので、興味のある方は是非。
         

         

        <アロマホイール>

        ワイン、日本酒、醤油のアロマホイールが展示されています。

        香りの表現方法の勉強に参考にしてみてはいかがでしょうか。

        ※アロマホイールの画像は、検索で探すことができます。
         

         

        <その他>

        赤ちゃん、古書、土の香り等

        ちゃっかり、香りの嗅ぎ比べをさせられて、データ収集されました・・・。

         



        香りというものに、一般の皆さんが興味をもって、香り産業がもっと発展するとよいですね。

         

        今回展示であった、下記動物精油を期間限定で割引しますので、

        興味のある方は是非試してください!
         

         

        アンバーグリス シベット カストリウム

           アンバーグリス          シベット           カストリウム

         



        にほんブログ村  

        0
          | 調香師のコラム | comments(0) | - |
          続 フルーツの香り
          アロマオイル・精油Perfumerhouseです。


          前回、果物の香りについて書きました。
          早くも、ぶどうの時期も終わり、苺がぽつぽつと出回り始めました。

          イチゴ

          苺と言えば、かき氷の苺を思い出す方もいらっしゃるかと思います。

          あのかき氷のシロップ。
          人気があるのは、苺とメロンでしょうか。

          実は、あのかき氷のシロップ。
          違うのは、色と香りで、味(甘さ)は同じです。

          人間は色と香りで全然違うように感じます。


          さて、その苺のシロップ。
          その香りも、果物の苺とは全く違います。

          主成分は、Aldehyde C-16という名前の香料。
          この成分は、天然の苺には存在していない、完全に人間が作り出した香りです。
          さらに言えば、天然にはこの成分は存在していません。
          (もちろん、安全だから使われています)

          シロップ以外に、イメージで作った果物の香りとして
          ・ブルーベリーのガム
          ・アセロラのジュース
          ・アロエの果肉(ヨーグルトなど)

          他にも、ザクロ、かりんなど、本物があまり知られていない香りの場合は、
          作られた香りを作られていることが多いです。
           

          さて、苺の香りに戻ると、
          切る前と切った後で香りが変わります。

          一般的には、パックに入っている状態だと、甘い香りですが、
          カットするとみずみずしい香りになります。
          (試してみてください)

          カットすると、酵素が働き、グリーンな香りが作られ、
          それがみずみずしさにつながります。

          不思議ですね。

          苺をつぶして食べるのと、そのまま食べるので香りが変わるので、
          お好みの状態で食べてください!!



          これをアロマに応用すると、

          ブレンドなどで、花の精油にわずかだけグリーンの香りを
          加えると、みずみずしくなります。

          アロマでグリーンとしては、ガルバナムやハーブ系が適しています。
          入れすぎると、香りが壊れるので注意してくださいね。
          使う量は全体の0.1%以下です。




          にほんブログ村  

          0
            | 調香師のコラム | comments(0) | - |
            フルーツの香り
            アロマオイル・精油Perfumerhouseです。


            果物がおいしい季節になってきました。
             
            かんきつ類の精油はたくさんあります。
            それ以外の果物の精油がないことに不思議に思ったことはないでしょうか。

            かんきつ類と言えば、
            レモン、オレンジ、グレープフルーツ、マンダリン、タンジェリン、
            ベルガモット、ナツミカン、はっさく、ゆず、・・・等。


            かんきつ類の精油は皮から取ります。

            皮をぎゅっと折ると、液体がプツプツと染み出してきた経験はないでしょうか。
            あれが、精油です。

            では、果肉に精油は含まれていないか、というとそんなことはありません。

            精油とは、香りがする揮発性の油であり、香りがする以上果肉にも含まれています。
            ただ、果皮と比べると精油が水に溶けた状態で存在しているため、量は少ないです。
             

            さて、かんきつ類以外の果物ではどうかというと、

            香りがする以上、精油は含まれています。

            ですが、かんきつ類のような皮がなく、
            水に溶けた状態なので、かなり少ない量です。

            そのため、残念ながら工業的に生産はされていません。

            つまり、市販のジュースやアイスなどは、
            ほとんどすべてが人工的に作られた香り、と考えてよいです。
            (果物の香水はかんきつ以外は、ほぼ100%が人工的に作られた香りです)
             


            ここから、化学の話になります。

            果物の特徴的な香りの成分は、エステル類です。

            エステル類と聞いて、ピンとくる方もいるかと思いますが、
            ラベンダーの主成分が、酢酸リナリルというエステル類です。

            エステルは、
            アルコールと酸が結合した化合物です。

            ラベンダーの場合は、下記となります。
            リナロール+酢酸 → 酢酸リナリル

            リナロールはかなりフローラルな特徴を持った香りですが、
            (リナロールはローズウッドの主成分なので、それを連想してください)
            酢酸リナリルはフローラルの中に、やや酸味を持った香りです。

            また、エステルになると、香りが軽くなるのも特徴です。

            アルコールも酸も極性を持っているため、
            水やほかの化合物と弱い結合をした状態で存在しています。
            そのため、揮発しにくい状態にあるのですが、
            エステルになることにより、極性が低くなり揮発しやすくなります。


            さて、果物に話を戻すと、
            果物のエステルの組み合わせの基本は、

            低級アルコール+酸  です。

            低級アルコール :メタノール、エタノール、プロパノール、ブタノール、ペンタノール、ヘキサノール、・・・
            酸       :ギ酸、酢酸、プロピオン酸、酪酸、バレリアン酸、ヘキサン酸、・・・
            (右に行くほど、炭素数が大きくなります)

            エタノール+酢酸    → 酢酸エチル
            ヘキサノール+酢酸   → 酢酸ヘキシル
            エタノール+ヘキサン酸 → ヘキサン酸エチル
            ・・・・

             

            酢酸エチルは、接着剤にも使われています。

            エステルの揮発性の高さ、果物に入っている安全性がその理由だと思います。

            (接着剤を溶かす力も高い)


            ヘキサがつくと、炭素数が6の化合物です。
            炭素数6はグリーンで青臭い、葉っぱの様な香りを持っています。
            エステルのように組み合わさると、両方の特徴を少しづつ併せ持つため、
            ヘキサがつく化合物は、全般的にグリーンノートを形成します。


            また、アルコールや酸の部分には、単純な化合物だけでなく、
            少し複雑な化合物も入ってきます。

            これらの成分や組み合わせ、比率が
            果物の種類、品種、季節などによって変わることにより、
            フルーツの香りの違いにつながっています。



            これから、果物が最もおいしい時期です。

            食べるときにあまりエステルが・・・なんて考えると、
            おいしくなくなってしまうかもしれませんが、
            少しでも思い出してもらえたら幸いです。



            にほんブログ村  
            0
              | 調香師のコラム | comments(0) | - |
              精油でジンの香りを作ってみた
              今年、国産のクラフトジンがブームになりそうです。

              主な新商品は、
              ・六(ロク) サントリー
              ・カフェジン ニッカ
              ・季の美 京都蒸留所

              日本ならではの香りである、山椒、緑茶、桜、柚子などを使っています。
               


              そもそも、ジンって何?という方に、簡単に一般的なジンを説明します。

              スピリッツという、くせのあまりないお酒に、ハーブなどで香りづけしたイギリスのお酒です。
              香り付けは、漬け込んだり、蒸留したりしています。

              使うハーブが決まっていないところが、面白みがあり、各社の味が違うところですが、
              ジュニパーベリーは絶対に使われます。

              世界で一番売れている、ボンベイサファイヤというジンは、
              ・ジュニパーベリー
              ・グレインオブパラダイス
              ・クベバベリー
              ・カシア(桂皮)
              ・アーモンド
              ・リコリス
              ・レモンピール
              ・コリアンダー
              ・アンジェリカルート
              ・オリス(イリス)

              こうしてみると、精油として流通しているものが多いですね。
               

               


              ということで早速、精油で香りを再現してみることにトライ!

              <そのまま使える精油>
              ・ジュニパーベリー
              ・レモンピール →レモンの皮のコールドプレスオイル
              ・コリアンダー
              ・アンジェリカルート
              ・イリス
               
              <近い植物で代替え>
              ・グレインオブパラダイス
               ショウガ科の植物で、香りはカルダモンに近く、コショウと同じ辛味成分を持っています。
               そこで、下記で代替えしてみます。
               →カルダモン、ブラックペッパー、ジンジャー、ナツメグ

              ・カシア(桂皮)
               カシアはニッキの香りです。シナモンと香りが近いですが、厳密には植物は異なります。
               香りもニッキのほうが甘ったるく、シナモンのほうがスパイシーなのですが、
               ここは、シナモンで代替えしましょう。(カシアの精油も流通はしています)
               →シナモンバーク

              <以下、創造>
              ・リコリス
               日本でいう、甘草に近い植物です。
               精油としては流通していませんが、甘く薬臭いイメージということで。
               →クローブ

              ・クベバベリー
               これが現物を見たことがないので、何とも言いにくいのですが、
               コショウに似た香りと成分をもっているようですので、ブラックペッパーで良しとしましょう。
               ただ、ベリーではあるので、フルーティーな香りもあるかもしれない、と考えました。
               →プチグレンパラグアイ

              ・アーモンド
               あのアーモンドなのですが、精油を抽出すると、杏仁豆腐のような香りになります。
               アーモンドの精油は流通しているのですが、手元にないので今回は使用しないことにしました。
               (アロマとして用いるには、刺激が強いです)

              さらに、スピリッツのお酒の香りを加えます。
              →コニャックオイル


              配合量は、ジュニパーベリー70%、かんきつ類15%、それ以外を少しづつ。

              さて、完成した香りは・・・
              それなりに、ジンになりました。

              もちろん、ボンベイサファイヤとは違いますが、ジンにはなったと思います。


              日本人ってアレンジが好きなので、
              作り方が決まっていないジンというジャンルは、日本向けのお酒かもしれませんね。
               

               


              さらに、隠し味を加えて、香りを整えて、ジンブレンドを作りました。
              アロマとして楽しんでみていただけたら嬉しいです。
              ジンブレンド精油・アロマオイル
              ジンブレンド
              アルコールは一切入っていません。




              にほんブログ村  
              0
                | 調香師のコラム | comments(0) | - |
                なぜ虫は精油を嫌うのか
                昼寝していたら、早くも蚊が。
                 
                また虫の季節がやってきてしまいました。

                虫が多くの精油を嫌うことは有名ですね。
                虫が嫌いな精油 →以前の記事

                レモングラス
                虫が嫌いな精油の代表格のシトロネラ


                なぜ精油を、虫は嫌うのでしょうか?
                理由を考える上で、虫だけでなく精油を作る植物の立場も考える必要があります。

                植物は虫が嫌いです。
                食べられたり、細菌を持っていたり、病気を移されたり。
                それらを防ぐために虫が嫌いな精油で身を守ります。
                (一方でミツバチなどを寄せる、花の香りも作るのですから、不思議ですね。)
                正確には、そういった精油をもっていた植物が進化した結果生き残った、
                というほうが正しいかもしれません。


                では、なぜ虫は精油を嫌がるのでしょうか?

                以前、人間の体には受容体がついていて、それがミントなどで反応する、と
                ブログで記載しました。 →ペパーミントはなぜ冷たい

                人間の体には受容体がついていますが、それは外部の危機から体を守るために存在しています。
                冷たい!と感じるのは、寒さから体を守るため。
                ミントで冷たく感じるのは、その受容体が誤作動を起こすからです。


                人間同様、虫にも受容体がついています。
                身体が小さいため、少しの香りでも、全身の刺激と感じ取ります。
                人間に例えるならば、ミントの香りで、冷水風呂に入っているようなものでしょうか。
                実際には、冷たいよりももっとピリピリ、痛いなどの強い刺激に感じていると思われます。
                虫が嫌がるのも当然です。

                また、虫、動物、人間の受容体はかなり似ているため、
                同じ成分を刺激と感じることが多いのですが、例外もあります。

                例えば、ラバンジンなどに多く含まれる、カンフル。
                虫には強い刺激と感じますが、人間は刺激と感じません。

                こういった香りを利用して、虫よけは作られているようです。




                受容体を科学して組み合わせた、虫よけブレンドを新しく作りました。
                蚊やハエなどが嫌う精油を組み合わせています。
                虫よけアロマオイル、精油
                虫よけブレンド

                (シトロネラ、ゼラニウム、ヒノキ、ラバンジングロッソをブレンド)
                アロマディフューザーやスプレーなどに。


                そのほかの虫よけ精油一覧→こちら



                にほんブログ村  
                0
                  | 調香師のコラム | comments(0) | - |
                  ローズウッドがワシントン条約に指定されました
                  アロマオイル・精油Perfumerhouseです。


                  バラの香りがする木である、ローズウッド。
                  数年前から、ブラジル政府が輸出を厳しく制限しており、
                  当店でも販売を休止していました。

                  とうとうワシントン条約の対象になってしまいました。

                  http://www.meti.go.jp/press/2016/12/20161212002/20161212002.html

                  材木がメインではありますが、材木からとったローズウッドの精油も対象となります。
                  輸入する際は、かなり厳しい制限がかかると思われ、さらに手に入れることが難しくなるでしょう。

                  バラのようなフローラルな香りをもった期樹木のローズウッド。
                  人間が楽しみでとりすぎてしまったがために、このような状態になってしまいました。
                  現在は、植林を進めている状態ではありますが、
                  また普通に香りを楽しめるようになるまで、数十年はかかるでしょう。

                  なお、現在国内に流通しているローズウッドの樹木の精油は、
                  他の植物か合成香料が混ぜられているものが多いので、注意してください。
                  純粋な天然のものは、ほぼ手に入りません。


                  同じような状態に以前からなっているのが、
                  サンダルウッド、アガーウッド(沈香)
                  などの樹木の精油。

                  これらもある時期から制限し、植林した結果、
                  現在は少しは継続的に供給ができるようになっています。
                   
                  樹木の精油は育つのに何十年もかかります。
                  その樹木の力を感じながら、大切に精油を使っていただきたいと思います。


                  サンダルウッド
                  サンダルウッドの苗
                  0
                    | 調香師のコラム | comments(0) | - |
                    甘い香りの精油その1 〜バニラ〜

                     

                    アロマオイル・精油Perfumerhouseです。


                    冬になると、乳脂肪分が高かったりチョコレートなどのこってりとしたアイスが増えますね。
                    アイスクリーム屋さんの戦略もあるかもしれませんが、
                    この時期は暖かい部屋で食べる濃厚で甘いアイスはとてもおいしく感じます。
                     
                    アイスの一番人気はバニラですが、
                    甘さをつける香りの素材はバニラ以外にもたくさん存在しています。
                     
                    それらを少し紹介したいと思いますが、今回はバニラを紹介します。


                    <バニラ>
                    バニラビーンズ
                     
                    バニラといえば、アイスやケーキなどの香りづけとして有名ですが、
                    そのほかにも様々な食べ物の隠し味や香水などにも使われています。
                    バニリンが主成分で、それだけでもバニラっぽい香りを連想することができます。

                    現在バニラの価格が10倍以上に高騰しており、今後も当分は高値安定のようです。
                    価格が高いので、合成の香りも多く研究されています。
                    簡単に天然と合成を見分けるすべを紹介します。

                    例えば、バニラエッセンスの裏を見て、

                    ”バニラ香料”
                     天然のバニラ由来です。
                     ただ、天然の中でも香りの差がかなり大きいので、
                     本当に良いものかどうかは口にしてみないと判別は難しいです。

                    ”香料”
                     合成香料の可能性が高いですが、必ずしも合成というわけではありません。
                     一般的には、合成のバニリンが多く使われます。


                    市販のアイスなどでも、同様で”バニラ香料”か”香料”という記載で、判別することができます。
                    ハーゲンダッツは”バニラ香料”を使っていますが、安価なアイスは”香料”が多いと思います。


                    ところで、”バニラビーンズ”入りも、注意が必要です。
                    バニラの香りはさやの部分に含まれており、ビーンズの部分はほとんど香りはありません。
                    香りを抽出したあとに、ビーンズを集めたものが流通しています。



                    ところで、バニラってこんな植物です。
                    バニラつる
                    細く、いんげんのようにたわわになっているのがバニラのさやです。
                    ここまで作るのもノウハウがかなり詰まっていますが、
                    収穫後、キュアリングと呼ばれる乾燥と熟成の工程で、バニリンが生成します。

                    キュアリングは、非常に手間暇がかかる作業です。

                    質の良いバニラは、色が黒く、長さも二十数センチあります。
                    また、バニリンの白い結晶が噴出しています。
                    しかし、早く収穫してお金にしたいというところもあり、
                    手を抜いてしまうとサイズが小さかったり、色が赤かったりします。


                    バニラ価格の高騰でよいバニラの流通量もどんどん減っており、
                    特に、ケーキ屋さんなどは頭が痛いと思います。
                    おそらく今後は、しっかりとしたケーキ屋さんでは、
                    バニラの香りづけをした商品が明らかに減っていくと思いますが、
                    ない場合は他のフレーバーを買ってあげてくださいね。

                    次回は、バニラ以外の甘い香りの素材を紹介します。


                    当店のバニラはマダガスカル産のブラックビーンズから抽出しています。
                    バニラ
                    0
                      | 調香師のコラム | comments(0) | - |
                      calendar
                      S M T W T F S
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      3031     
                      << December 2018 >>
                      selected entries
                      recent comments
                      categories
                      archives
                      profile
                      Search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode
                      Page Top