精油・アロマPerfumerhouseの調香師のコラムです。
香りに関する情報、お得なセール情報などを発信します!
精油でジンの香りを作ってみた
今年、国産のクラフトジンがブームになりそうです。

主な新商品は、
・六(ロク) サントリー
・カフェジン ニッカ
・季の美 京都蒸留所

日本ならではの香りである、山椒、緑茶、桜、柚子などを使っています。
 


そもそも、ジンって何?という方に、簡単に一般的なジンを説明します。

スピリッツという、くせのあまりないお酒に、ハーブなどで香りづけしたイギリスのお酒です。
香り付けは、漬け込んだり、蒸留したりしています。

使うハーブが決まっていないところが、面白みがあり、各社の味が違うところですが、
ジュニパーベリーは絶対に使われます。

世界で一番売れている、ボンベイサファイヤというジンは、
・ジュニパーベリー
・グレインオブパラダイス
・クベバベリー
・カシア(桂皮)
・アーモンド
・リコリス
・レモンピール
・コリアンダー
・アンジェリカルート
・オリス(イリス)

こうしてみると、精油として流通しているものが多いですね。
 

 


ということで早速、精油で香りを再現してみることにトライ!

<そのまま使える精油>
・ジュニパーベリー
・レモンピール →レモンの皮のコールドプレスオイル
・コリアンダー
・アンジェリカルート
・イリス
 
<近い植物で代替え>
・グレインオブパラダイス
 ショウガ科の植物で、香りはカルダモンに近く、コショウと同じ辛味成分を持っています。
 そこで、下記で代替えしてみます。
 →カルダモン、ブラックペッパー、ジンジャー、ナツメグ

・カシア(桂皮)
 カシアはニッキの香りです。シナモンと香りが近いですが、厳密には植物は異なります。
 香りもニッキのほうが甘ったるく、シナモンのほうがスパイシーなのですが、
 ここは、シナモンで代替えしましょう。(カシアの精油も流通はしています)
 →シナモンバーク

<以下、創造>
・リコリス
 日本でいう、甘草に近い植物です。
 精油としては流通していませんが、甘く薬臭いイメージということで。
 →クローブ

・クベバベリー
 これが現物を見たことがないので、何とも言いにくいのですが、
 コショウに似た香りと成分をもっているようですので、ブラックペッパーで良しとしましょう。
 ただ、ベリーではあるので、フルーティーな香りもあるかもしれない、と考えました。
 →プチグレンパラグアイ

・アーモンド
 あのアーモンドなのですが、精油を抽出すると、杏仁豆腐のような香りになります。
 アーモンドの精油は流通しているのですが、手元にないので今回は使用しないことにしました。
 (アロマとして用いるには、刺激が強いです)

さらに、スピリッツのお酒の香りを加えます。
→コニャックオイル


配合量は、ジュニパーベリー70%、かんきつ類15%、それ以外を少しづつ。

さて、完成した香りは・・・
それなりに、ジンになりました。

もちろん、ボンベイサファイヤとは違いますが、ジンにはなったと思います。


日本人ってアレンジが好きなので、
作り方が決まっていないジンというジャンルは、日本向けのお酒かもしれませんね。
 

 


さらに、隠し味を加えて、香りを整えて、ジンブレンドを作りました。
アロマとして楽しんでみていただけたら嬉しいです。
ジンブレンド精油・アロマオイル
ジンブレンド
アルコールは一切入っていません。




にほんブログ村  
0
    | 調香師のコラム | comments(0) | - |
    コメント
    コメントする









    calendar
    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << September 2017 >>
    selected entries
    recent comments
    categories
    archives
    profile
    Search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    Page Top