精油・アロマPerfumerhouseの調香師のコラムです。
香りに関する情報、お得なセール情報などを発信します!
続 フルーツの香り
アロマオイル・精油Perfumerhouseです。


前回、果物の香りについて書きました。
早くも、ぶどうの時期も終わり、苺がぽつぽつと出回り始めました。

イチゴ

苺と言えば、かき氷の苺を思い出す方もいらっしゃるかと思います。

あのかき氷のシロップ。
人気があるのは、苺とメロンでしょうか。

実は、あのかき氷のシロップ。
違うのは、色と香りで、味(甘さ)は同じです。

人間は色と香りで全然違うように感じます。


さて、その苺のシロップ。
その香りも、果物の苺とは全く違います。

主成分は、Aldehyde C-16という名前の香料。
この成分は、天然の苺には存在していない、完全に人間が作り出した香りです。
さらに言えば、天然にはこの成分は存在していません。
(もちろん、安全だから使われています)

シロップ以外に、イメージで作った果物の香りとして
・ブルーベリーのガム
・アセロラのジュース
・アロエの果肉(ヨーグルトなど)

他にも、ザクロ、かりんなど、本物があまり知られていない香りの場合は、
作られた香りを作られていることが多いです。
 

さて、苺の香りに戻ると、
切る前と切った後で香りが変わります。

一般的には、パックに入っている状態だと、甘い香りですが、
カットするとみずみずしい香りになります。
(試してみてください)

カットすると、酵素が働き、グリーンな香りが作られ、
それがみずみずしさにつながります。

不思議ですね。

苺をつぶして食べるのと、そのまま食べるので香りが変わるので、
お好みの状態で食べてください!!



これをアロマに応用すると、

ブレンドなどで、花の精油にわずかだけグリーンの香りを
加えると、みずみずしくなります。

アロマでグリーンとしては、ガルバナムやハーブ系が適しています。
入れすぎると、香りが壊れるので注意してくださいね。
使う量は全体の0.1%以下です。




にほんブログ村  

0
    | 調香師のコラム | comments(0) | - |
    コメント
    コメントする









    calendar
    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>
    selected entries
    recent comments
    categories
    archives
    profile
    Search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    Page Top