精油・アロマPerfumerhouseの調香師のコラムです。
香りに関する情報、お得なセール情報などを発信します!
ラベンダーの季節

精油・アロマPerfumerhouseです。

 



梅雨も明け、いよいよ夏の到来です。
アロマの世界で夏といえば・・・


〇ひんやり系の精油
 ミント系(ペパーミント、スペアミント、アルベンシスミントなど)
 ユーカリなど

〇虫よけ対策に使う精油
 シトロネラ、ユーカリレモン、クローブ、ティーツリーなど
 →より詳しくはこちら

〇抗菌・消臭系の精油
 ヒノキ、シトラス系、ユーカリなど



などが、定番ですが、

7月~8月に咲く、最も人気の高い精油、
ラベンダー!!
ラベンダー
※写真は昨年の北海道です


なぜ、ラベンダーが世界的に最も人気が高いのでしょうか?

少し考察すると、
・香りに好き嫌いが少ない
・写真が綺麗で雰囲気が良い
・虫よけや安眠など、用途が広い

など、いいことづくめですが、一番の理由は下記に尽きる気がします。

花の精油なのに価格が安い・・・。



値段の問題?と考える方も多いかもしれませんが、
ローズがラベンダーと同じ値段だったら、ローズを買う人が多い気もします・・・。

他の花の精油も軒並み高い中、ラベンダーはコスト面でも優等生です。


生産者側からも優等生で、
大量に作りやすく、栽培にも収穫にも手がかからず、といいことづくめ。
他の花は手で一つ一つ摘むため、非常に手がかかりますが、
ラベンダーは花穂をそのまま抽出しています。




植物の特性上、生産できる場所もローズほど限られていないため、
育てやすいのも特徴です。


育てやすいといっても、やはり産地ごとに良し悪しや、好き嫌いは出るもので。
フランス、ブルガリア、オーストラリア、ハンガリー、日本、イギリス、ロシア等。

酢酸リナリル(リナリルアセテート)という成分の含有量のの高さが、
ラベンダーの香りの一つの指標になりますが、
寒すぎる地域だと、量が少なく、
高度が低い地域だと、蒸留時に酢酸リナリルの量が少なくなる傾向があります。

その中でも、フランスプロヴァンス地方のラベンダーが不動の一番人気であるのは、
気候と、蒸留の条件がマッチしていることが影響しているようです。


フランスプロヴァンス産ラベンダー

 


 

にほんブログ村  

0
    | 調香師のコラム | comments(0) | - |
    コメント
    コメントする









    calendar
    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>
    selected entries
    recent comments
    categories
    archives
    profile
    Search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    Page Top