精油・アロマPerfumerhouseの調香師のコラムです。
香りに関する情報、お得なセール情報などを発信します!
イギリス旅行期 〜ライラックとスズランの香り〜

精油・アロマPerfumerhouseです。

 

 

GWにロンドンへ行ってきました。

ほぼ観光目的ですが、香りに関するところも行ってきました。

 

ロンドン橋

 

 

ヨーロッパに行くといつも思うのは、ディスプレーが本当に凝っている店が多いこと。

こちらは、コッツウォルズのお菓子屋さん。

 

 

 

また、イギリスと言えばイングリッシュガーデン。

ガーデニングに凝った家が本当に多いです。

ちょうど、藤が咲き誇ってました。

 

 

 

さて、イギリスで一番有名な植物園のキューガーデン。

 

ROYAL BOTANIC GARDEN,KEW(キュー王立植物園)

https://www.kew.org/

 

 

こちら、1848年に作られた、パームガーデンという有名な温室です。

目の前のバラが咲くのは一か月後の6月。

生を見ることは出来ませんでした。

 

 

キューガーデンの中は広大ですが、とても管理が行き届いています。

本当に、雑草のようなものがほとんどないことにびっくりします。

 

 

 

バラは咲いてなかったですが、

この時期に咲き誇っていたのが香りの女王、

ライラック!

 

残念ながら、ライラックの精油はありません。

これだけ、花が多いと取れそうなものですが、香りが変わりやすいため取れないそうです。

 

 

 

そして、ローズ、ジャスミンと並ぶ3大フローラルのスズラン、リリーオブザバレー。

とても可憐な花で、ライラックと比べると繊細な花ですが、力強い香り。

残念ながらスズランも精油は取れないので、生花で楽しむしかありません。

 

 

 

花には香りはないですが、イリス(オリス)。

根っこを熟成すると、香料となります。

 

 

 

バレリアン(吉草)の花です。

精油は根っこからバレリアンルートが取れます。

花からもあの、特有の吉相酸の香りがします。

 

 

 

最後に、香りはなかったですが、名前がわからない白い花が森の中に咲いていました。

間に道があったので、そこに立って埋もれるように撮ってみました。

とても、幻想的な場所でした。

 

 

 

 


にほんブログ村  ​​

0
    | 調香師のコラム | comments(0) | - |
    コメント
    コメントする









    calendar
    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << July 2019 >>
    selected entries
    recent comments
    categories
    archives
    profile
    Search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    Page Top