精油・アロマPerfumerhouseの調香師のコラムです。
香りに関する情報、お得なセール情報などを発信します!
続 フルーツの香り
アロマオイル・精油Perfumerhouseです。


前回、果物の香りについて書きました。
早くも、ぶどうの時期も終わり、苺がぽつぽつと出回り始めました。

イチゴ

苺と言えば、かき氷の苺を思い出す方もいらっしゃるかと思います。

あのかき氷のシロップ。
人気があるのは、苺とメロンでしょうか。

実は、あのかき氷のシロップ。
違うのは、色と香りで、味(甘さ)は同じです。

人間は色と香りで全然違うように感じます。


さて、その苺のシロップ。
その香りも、果物の苺とは全く違います。

主成分は、Aldehyde C-16という名前の香料。
この成分は、天然の苺には存在していない、完全に人間が作り出した香りです。
さらに言えば、天然にはこの成分は存在していません。
(もちろん、安全だから使われています)

シロップ以外に、イメージで作った果物の香りとして
・ブルーベリーのガム
・アセロラのジュース
・アロエの果肉(ヨーグルトなど)

他にも、ザクロ、かりんなど、本物があまり知られていない香りの場合は、
作られた香りを作られていることが多いです。
 

さて、苺の香りに戻ると、
切る前と切った後で香りが変わります。

一般的には、パックに入っている状態だと、甘い香りですが、
カットするとみずみずしい香りになります。
(試してみてください)

カットすると、酵素が働き、グリーンな香りが作られ、
それがみずみずしさにつながります。

不思議ですね。

苺をつぶして食べるのと、そのまま食べるので香りが変わるので、
お好みの状態で食べてください!!



これをアロマに応用すると、

ブレンドなどで、花の精油にわずかだけグリーンの香りを
加えると、みずみずしくなります。

アロマでグリーンとしては、ガルバナムやハーブ系が適しています。
入れすぎると、香りが壊れるので注意してくださいね。
使う量は全体の0.1%以下です。




にほんブログ村  

0
    | 調香師のコラム | comments(0) | - |
    フルーツの香り
    アロマオイル・精油Perfumerhouseです。


    果物がおいしい季節になってきました。
     
    かんきつ類の精油はたくさんあります。
    それ以外の果物の精油がないことに不思議に思ったことはないでしょうか。

    かんきつ類と言えば、
    レモン、オレンジ、グレープフルーツ、マンダリン、タンジェリン、
    ベルガモット、ナツミカン、はっさく、ゆず、・・・等。


    かんきつ類の精油は皮から取ります。

    皮をぎゅっと折ると、液体がプツプツと染み出してきた経験はないでしょうか。
    あれが、精油です。

    では、果肉に精油は含まれていないか、というとそんなことはありません。

    精油とは、香りがする揮発性の油であり、香りがする以上果肉にも含まれています。
    ただ、果皮と比べると精油が水に溶けた状態で存在しているため、量は少ないです。
     

    さて、かんきつ類以外の果物ではどうかというと、

    香りがする以上、精油は含まれています。

    ですが、かんきつ類のような皮がなく、
    水に溶けた状態なので、かなり少ない量です。

    そのため、残念ながら工業的に生産はされていません。

    つまり、市販のジュースやアイスなどは、
    ほとんどすべてが人工的に作られた香り、と考えてよいです。
    (果物の香水はかんきつ以外は、ほぼ100%が人工的に作られた香りです)
     


    ここから、化学の話になります。

    果物の特徴的な香りの成分は、エステル類です。

    エステル類と聞いて、ピンとくる方もいるかと思いますが、
    ラベンダーの主成分が、酢酸リナリルというエステル類です。

    エステルは、
    アルコールと酸が結合した化合物です。

    ラベンダーの場合は、下記となります。
    リナロール+酢酸 → 酢酸リナリル

    リナロールはかなりフローラルな特徴を持った香りですが、
    (リナロールはローズウッドの主成分なので、それを連想してください)
    酢酸リナリルはフローラルの中に、やや酸味を持った香りです。

    また、エステルになると、香りが軽くなるのも特徴です。

    アルコールも酸も極性を持っているため、
    水やほかの化合物と弱い結合をした状態で存在しています。
    そのため、揮発しにくい状態にあるのですが、
    エステルになることにより、極性が低くなり揮発しやすくなります。


    さて、果物に話を戻すと、
    果物のエステルの組み合わせの基本は、

    低級アルコール+酸  です。

    低級アルコール :メタノール、エタノール、プロパノール、ブタノール、ペンタノール、ヘキサノール、・・・
    酸       :ギ酸、酢酸、プロピオン酸、酪酸、バレリアン酸、ヘキサン酸、・・・
    (右に行くほど、炭素数が大きくなります)

    エタノール+酢酸    → 酢酸エチル
    ヘキサノール+酢酸   → 酢酸ヘキシル
    エタノール+ヘキサン酸 → ヘキサン酸エチル
    ・・・・

     

    酢酸エチルは、接着剤にも使われています。

    エステルの揮発性の高さ、果物に入っている安全性がその理由だと思います。

    (接着剤を溶かす力も高い)


    ヘキサがつくと、炭素数が6の化合物です。
    炭素数6はグリーンで青臭い、葉っぱの様な香りを持っています。
    エステルのように組み合わさると、両方の特徴を少しづつ併せ持つため、
    ヘキサがつく化合物は、全般的にグリーンノートを形成します。


    また、アルコールや酸の部分には、単純な化合物だけでなく、
    少し複雑な化合物も入ってきます。

    これらの成分や組み合わせ、比率が
    果物の種類、品種、季節などによって変わることにより、
    フルーツの香りの違いにつながっています。



    これから、果物が最もおいしい時期です。

    食べるときにあまりエステルが・・・なんて考えると、
    おいしくなくなってしまうかもしれませんが、
    少しでも思い出してもらえたら幸いです。



    にほんブログ村  
    0
      | 調香師のコラム | comments(0) | - |
      精油でジンの香りを作ってみた
      今年、国産のクラフトジンがブームになりそうです。

      主な新商品は、
      ・六(ロク) サントリー
      ・カフェジン ニッカ
      ・季の美 京都蒸留所

      日本ならではの香りである、山椒、緑茶、桜、柚子などを使っています。
       


      そもそも、ジンって何?という方に、簡単に一般的なジンを説明します。

      スピリッツという、くせのあまりないお酒に、ハーブなどで香りづけしたイギリスのお酒です。
      香り付けは、漬け込んだり、蒸留したりしています。

      使うハーブが決まっていないところが、面白みがあり、各社の味が違うところですが、
      ジュニパーベリーは絶対に使われます。

      世界で一番売れている、ボンベイサファイヤというジンは、
      ・ジュニパーベリー
      ・グレインオブパラダイス
      ・クベバベリー
      ・カシア(桂皮)
      ・アーモンド
      ・リコリス
      ・レモンピール
      ・コリアンダー
      ・アンジェリカルート
      ・オリス(イリス)

      こうしてみると、精油として流通しているものが多いですね。
       

       


      ということで早速、精油で香りを再現してみることにトライ!

      <そのまま使える精油>
      ・ジュニパーベリー
      ・レモンピール →レモンの皮のコールドプレスオイル
      ・コリアンダー
      ・アンジェリカルート
      ・イリス
       
      <近い植物で代替え>
      ・グレインオブパラダイス
       ショウガ科の植物で、香りはカルダモンに近く、コショウと同じ辛味成分を持っています。
       そこで、下記で代替えしてみます。
       →カルダモン、ブラックペッパー、ジンジャー、ナツメグ

      ・カシア(桂皮)
       カシアはニッキの香りです。シナモンと香りが近いですが、厳密には植物は異なります。
       香りもニッキのほうが甘ったるく、シナモンのほうがスパイシーなのですが、
       ここは、シナモンで代替えしましょう。(カシアの精油も流通はしています)
       →シナモンバーク

      <以下、創造>
      ・リコリス
       日本でいう、甘草に近い植物です。
       精油としては流通していませんが、甘く薬臭いイメージということで。
       →クローブ

      ・クベバベリー
       これが現物を見たことがないので、何とも言いにくいのですが、
       コショウに似た香りと成分をもっているようですので、ブラックペッパーで良しとしましょう。
       ただ、ベリーではあるので、フルーティーな香りもあるかもしれない、と考えました。
       →プチグレンパラグアイ

      ・アーモンド
       あのアーモンドなのですが、精油を抽出すると、杏仁豆腐のような香りになります。
       アーモンドの精油は流通しているのですが、手元にないので今回は使用しないことにしました。
       (アロマとして用いるには、刺激が強いです)

      さらに、スピリッツのお酒の香りを加えます。
      →コニャックオイル


      配合量は、ジュニパーベリー70%、かんきつ類15%、それ以外を少しづつ。

      さて、完成した香りは・・・
      それなりに、ジンになりました。

      もちろん、ボンベイサファイヤとは違いますが、ジンにはなったと思います。


      日本人ってアレンジが好きなので、
      作り方が決まっていないジンというジャンルは、日本向けのお酒かもしれませんね。
       

       


      さらに、隠し味を加えて、香りを整えて、ジンブレンドを作りました。
      アロマとして楽しんでみていただけたら嬉しいです。
      ジンブレンド精油・アロマオイル
      ジンブレンド
      アルコールは一切入っていません。




      にほんブログ村  
      0
        | 調香師のコラム | comments(0) | - |
        なぜ虫は精油を嫌うのか
        昼寝していたら、早くも蚊が。
         
        また虫の季節がやってきてしまいました。

        虫が多くの精油を嫌うことは有名ですね。
        虫が嫌いな精油 →以前の記事

        レモングラス
        虫が嫌いな精油の代表格のシトロネラ


        なぜ精油を、虫は嫌うのでしょうか?
        理由を考える上で、虫だけでなく精油を作る植物の立場も考える必要があります。

        植物は虫が嫌いです。
        食べられたり、細菌を持っていたり、病気を移されたり。
        それらを防ぐために虫が嫌いな精油で身を守ります。
        (一方でミツバチなどを寄せる、花の香りも作るのですから、不思議ですね。)
        正確には、そういった精油をもっていた植物が進化した結果生き残った、
        というほうが正しいかもしれません。


        では、なぜ虫は精油を嫌がるのでしょうか?

        以前、人間の体には受容体がついていて、それがミントなどで反応する、と
        ブログで記載しました。 →ペパーミントはなぜ冷たい

        人間の体には受容体がついていますが、それは外部の危機から体を守るために存在しています。
        冷たい!と感じるのは、寒さから体を守るため。
        ミントで冷たく感じるのは、その受容体が誤作動を起こすからです。


        人間同様、虫にも受容体がついています。
        身体が小さいため、少しの香りでも、全身の刺激と感じ取ります。
        人間に例えるならば、ミントの香りで、冷水風呂に入っているようなものでしょうか。
        実際には、冷たいよりももっとピリピリ、痛いなどの強い刺激に感じていると思われます。
        虫が嫌がるのも当然です。

        また、虫、動物、人間の受容体はかなり似ているため、
        同じ成分を刺激と感じることが多いのですが、例外もあります。

        例えば、ラバンジンなどに多く含まれる、カンフル。
        虫には強い刺激と感じますが、人間は刺激と感じません。

        こういった香りを利用して、虫よけは作られているようです。




        受容体を科学して組み合わせた、虫よけブレンドを新しく作りました。
        蚊やハエなどが嫌う精油を組み合わせています。
        虫よけアロマオイル、精油
        虫よけブレンド

        (シトロネラ、ゼラニウム、ヒノキ、ラバンジングロッソをブレンド)
        アロマディフューザーやスプレーなどに。


        そのほかの虫よけ精油一覧→こちら



        にほんブログ村  
        0
          | 調香師のコラム | comments(0) | - |
          ローズウッドがワシントン条約に指定されました
          アロマオイル・精油Perfumerhouseです。


          バラの香りがする木である、ローズウッド。
          数年前から、ブラジル政府が輸出を厳しく制限しており、
          当店でも販売を休止していました。

          とうとうワシントン条約の対象になってしまいました。

          http://www.meti.go.jp/press/2016/12/20161212002/20161212002.html

          材木がメインではありますが、材木からとったローズウッドの精油も対象となります。
          輸入する際は、かなり厳しい制限がかかると思われ、さらに手に入れることが難しくなるでしょう。

          バラのようなフローラルな香りをもった期樹木のローズウッド。
          人間が楽しみでとりすぎてしまったがために、このような状態になってしまいました。
          現在は、植林を進めている状態ではありますが、
          また普通に香りを楽しめるようになるまで、数十年はかかるでしょう。

          なお、現在国内に流通しているローズウッドの樹木の精油は、
          他の植物か合成香料が混ぜられているものが多いので、注意してください。
          純粋な天然のものは、ほぼ手に入りません。


          同じような状態に以前からなっているのが、
          サンダルウッド、アガーウッド(沈香)
          などの樹木の精油。

          これらもある時期から制限し、植林した結果、
          現在は少しは継続的に供給ができるようになっています。
           
          樹木の精油は育つのに何十年もかかります。
          その樹木の力を感じながら、大切に精油を使っていただきたいと思います。


          サンダルウッド
          サンダルウッドの苗
          0
            | 調香師のコラム | comments(0) | - |
            calendar
            S M T W T F S
            1234567
            891011121314
            15161718192021
            22232425262728
            293031    
            << July 2018 >>
            selected entries
            recent comments
            categories
            archives
            profile
            Search this site.
            others
            mobile
            qrcode
            Page Top